MENU

簡単で効果的!日々の電気代を節約するための5つのポイント

saving-money-image

電気代の上昇が止まらない…対策しなくては…

物価上昇と円安が重くのしかかる電気代:その現状とその背景

日本国内では、2021年から始まった円安の影響が深刻化しています。

この円安は、わずか2年で約40%も進行し、100円付近だった2021年から2023年には約140円まで下落しました。


この大きな変動は、輸入エネルギーの価格上昇という形で我々の日常生活に直接影響を及ぼしており、特に電気代にその影響が顕著です。


実際に、これらの為替変動を受けて、電気料金は大幅に上昇。

たった2年で、1kWhあたりの価格は19.61円から驚くべき31.25円にまで跳ね上がりました。

trend-of-rising-electricity-bill

(参考:新電力ネット「電気料金単価の推移」


これは、電気代だけでなく、電気を使う全ての機器やサービスに影響を及ぼす、消費者全体にとって大きな負担となっています。

さらに、政府はこの物価上昇を「輸入インフレ」として受け入れ、大手電力会社の電気料金値上げを承認しました。

(参考:NHK「大手電力7社 6月の使用分から電気料金値上げの見通し」

これは、電気代の上昇がこれからも続くことを示しており、我々の家計にとって重大な問題となっています。

以上の事態を踏まえると、電気代を節約する手段を学び、実践することは、日々の生活をより良く、より経済的に運営するために必要不可欠なスキルと言えるでしょう。


次のセクションでは、その具体的な方法を5つのポイントとして紹介します。

目次

電気代を節約するための5つのポイント

point

省エネ製品への切り替えで電気代を節約しましょう

home-appliances

家庭での電力消費の大部分を占めるのは

エアコン(冷房:6.8%、暖房:13.5%)、冷蔵庫(19%)、照明(11.2%)、給湯(12.1%)です。

(参考:経済産業省資源エネルギー庁

特にエアコンの消費電力は大きく、最新の省エネ型への買い替えは効果的です。

10年前の製品から現在のものに切り替えるだけで、年間の電気代は約1150円も安くなります。

(参考:環境省エネルギートラベル


省エネ製品は節約だけでなく環境にも優しい選択です。

省エネ家電も上手に使いこなそう!

省エネ家電を導入することは大切ですが、その使い方一つで節電効果は大きく変わります

以下に、エアコン、冷蔵庫、テレビの3つを例に、省エネ家電の効果を最大限に引き出すためのコツをご紹介します。


まず、エアコンの室外機周囲は、物を置かないようにしましょう。

空気の流れを確保することで、エアコンの冷暖房効率が上がります。


次に、冷蔵庫ですが、中を詰めすぎると冷気の循環が悪くなり、エネルギー効率が下がります。

冷蔵庫の中はスッキリと整理整頓することが重要です。


最後に、テレビは長期間使用しない時は電源を完全に切ることで、待機電力の無駄遣いを防ぎます。


省エネ家電を適切に使うことで、節電効果を一層引き立てることができます。

これらのアドバイスは一例です。


家電を適切に使うことで、さらに電気代を節約しましょう。

電力自由化による電力会社の選択

selection

2016年から始まった日本の電力自由化は、消費者にとって電力会社選択の新たな選択肢をもたらしました。

参考(資源エネルギー庁


電力市場の競争が増すことで、サービスの多様化や価格競争が進み、

より発電方法や環境配慮など自分に合った、あるいはより安い電気を選ぶことが可能になりました。

しかし、電力会社を変更する際には、必ずしも電気代が安くなるわけではありません。

選択する電力会社やプランによっては、逆に電力料金が上がる可能性もあるため、プランの内容や料金体系をしっかりと確認することが大切です。


また、電力会社によっては別の会社へ変更する場合、違約金が発生することもあるので注意が必要です。

電力自由化による電力会社選択は、自分のライフスタイルや価値観に合った選択をするための大切な権利です。

より良い電力生活を送るために、選択の重要性を理解し、自分に最適な電力会社を選びましょう。

スマートな選択で電気代節約!「電力会社選び」のポイントとは?

我々の生活に欠かせない電力。

その供給元を別の電力会社に変更することで、電力料金が下がる可能性があります。

電力会社基本料金15kWh超(第一段階)一定使用量超(第二段階)さらに一定使用量超(第三段階)
関西電力最初の15kWhまで433.41円20.31円/kWh25.71円/kWh28.70円/kWh
looopでんき無料市場連動型市場連動型市場連動型
新旧電力会社の比較の一例


しかし注意が必要なのは、適切な電力会社は地域や世帯数、生活環境によって異なるということです。

一体どのように選んだらよいのでしょうか?

そこで活用したいのが「エネチェンジ」などの比較サービスです

(参考:エネチェンジ電気代シュミレーション

これは居住地域に応じた電力会社の選択が可能で、自分のライフスタイルに合わせた適切な電力会社を見つける参考にすることができます。

これらの比較サービスを活用し、自身の生活環境に最も適した電力会社を選択することが、賢い電力代節約につながります。

家電の使用方法を見直す

air-conditioner-being-pointed-at-with-remote-control

電力使用量が多い家電から見直しを行うと、電気代の節約効果が大きくなります。

以下、主な家電とその節約策を提案します。

エアコン(冷房:6.8%、暖房:13.5%)

エアコンは効率的な使用が重要です。

例えば、冷房時は28℃、暖房時は20℃に設定しましょう。

また、省エネ機能を持つ最新のモデルに買い換えることで消費電力を大幅に減らすことが可能です。

冷蔵庫(電力使用率:19%)

冷蔵庫は24時間稼働しているため、消費電力が大きくなりがちです。

中に入れる物量を適切に保つと冷気の流れが良くなり、効率よく冷却できます。

また、冷蔵庫の背面は定期的に掃除し、冷却効率を上げましょう。

給湯器(電力使用率:12.1%)

シャワーの温度を一度に高くしすぎず、必要な範囲で温度を調節することが節約につながります。

また、給湯器自体のエコモードを活用することもおすすめです。

照明(電力使用率:11.2%)

照明はLED電球に変更するだけで大幅な節約になります。

また、部屋を明るく保つための工夫、例えばカーテンを開けて自然光を利用するなども効果的です。


これらの見直しを行うことで、家庭の電気代を効果的に節約することができます。

「エネルギーの見える化」を活用

graph

スマートメーターの普及により「エネルギーの見える化」が進んでいます。


スマートメーターとは、電力使用量をデジタル化し、遠隔からの通信でデータを収集・管理する新型の電力計測器です。

従来の電力メーターとは異なり、リアルタイムで電力使用量を把握し、遠隔からの操作や設定変更も可能です。

これにより、電力の使用状況をより詳細に管理することが可能になります。

スマートメーターを取り付けると、契約している電力会社のHPなどで、リアルタイムで自宅の電力使用量を確認することができます。

(スマートメーターは各電力会社が2024年をめどに普及率100%を目指しています)

これにより、エアコンやヒーターなどの大きな電力を消費する家電の使用状況や、電力消費のピークタイムなどを把握することができます。

このようにエネルギーの視覚化を利用することで、自身の電力使用状況をより明確に理解することができます。

そして、具体的な数字を見ることで、節電への意識が高まり、無駄な電力使用を見直すきっかけになるでしょう。

また、節電行動が具体的な数値として反映されるため、その効果を実感しやすくなります。

エネルギーの見える化は、電力使用の見直しや節電行動へのモチベーション向上に大きく貢献します。

電力会社のHPを活用して、自宅のエネルギー使用を見える化することで、よりエコロジーなライフスタイルへの一歩を踏み出しましょう。

ライフスタイルの見直し

lifestyle-image

毎日のライフスタイルを見直すことで、電気代の節約は手軽に実現できます。

ここではその具体的なアイデアを提案します。

まず、電気を使う時間帯の工夫です。

電気料金は時間帯によって変わることが多いので、夜間に洗濯をするなど生活リズムを少し変えるだけで、節約につながります。


また、自然光を上手く活用することも重要です。

昼間は可能な限りカーテンを開けて室内を明るくし、照明の使用を減らすことで電気代を抑えられます。


さらに、家電製品の使い方を見直すことも大切です。

例えば、エアコンの設定温度を1度上げるだけでも節電に大きく寄与します。

そして、使わない時は必ず電源を切る習慣をつけることで、さらなる節電効果を得られます。

少しの工夫と習慣化で、電気代の節約は確実に実現します。

自身のライフスタイルを見直し、賢く節電を行いましょう。

「スマートな選択」と「ライフスタイルの見直し」で節電を実現する

successful-family

我々の生活は電力に大きく依存していますが、それは電気代を無駄にするためではなく、我々のライフスタイルを豊かにするためのものです。

電力会社選びでは料金プランの比較だけでなく、サービス内容やエコフレンドリーな側面も重要です。

また、省エネ家電の活用はエネルギー効率の向上と節電に寄与します。

ここで大切なのは、省エネ家電をただ使用するだけでなく、その適切な活用方法を理解し、習慣化することです。

エネルギーの見える化を活用すれば、自宅での電力使用状況を把握し、無駄な電力消費を見つけ出し、対策を立てることが可能になります。


さらに、ライフスタイルの見直しを行うことで、電力消費をより効率的に行えます。

例えば、電気の使用時間を夜間にずらす、自然光を活用する、家電の使い方を見直すなどの小さな工夫が、日々の電気代の節約を実現します。


これらの方法を用いて、電気代の節約を実現し、より良い生活を築きましょう。

これらの手法は単に節約のためだけでなく、エネルギー使用の自覚と地球環境への配慮を育む重要なステップでもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次